●第50回在京白堊回総会プレイベント●    

第5回「先輩を囲む会」開催案内


ゲスト:金野索一さん(S59卒)NPO法人「エドテックグローバル」代表理事、日本政策学校学長 ●日時:2018年1月20日(土)午後3時30分〜午後5時 ●会場東京都文京区・肥後細川庭園(旧名:新江戸川公園)松聲閣・洋室B「芍薬」住所:東京都文京区目白台1-1-22 ●電話:03-3941-2010 ●アクセス:電車/東京メトロ:有楽町線江戸川橋駅下車(徒歩15分)・都電荒川線:早稲田駅下車(徒歩5分)| バス/Bーぐる:目白台一丁目下車(徒歩5分)・都営バス:早稲田下車(徒歩5分)・都営バス:ホテル椿山荘東京前下車(徒歩7分) ●参加費:会場代として1人200円をいただきます。 ●懇親会:終了後、近隣にて開催します。

参加お申込:久保健一(eメール:kubo3070@gmail.com/電話:090-2447-8353)までご連絡ください。なお、会場の定員は24人厳守となっています。定員に達した時点で申し込みを締め切らせていただきます。ぜひ、お早めに申し込みください。
金野索一さんは、ICT(情報通信技術)を活用して平和を実現させようと取り組んでいます。「ピース・テック」という概念だそうです。特に紛争・貧困国でICT教育を拡大し、新しいタイプのリーダーを育成することによって、世界平和を実現していくという構想を掲げます。 具体的には、中東のヨルダン、アフリカのルワンダ、南欧のボスニア・ヘルツェゴビナに、「エドテックグローバルスクール」という学校を設立しました。現地へもたびたび訪れています。こうした国々でICT教育を拡充することにより、

「国民のICTについての知見向上」

「社会が一層透明化、双方化」

「為政者の横暴を許さない社会に」

「戦争・紛争のない平和な社会」

という目標達成を目指すのだそうです。 さらに、平和構築に長けたリーダー育成のため、ICT教育に加え、「ピース・コミュニケーション」「ピースフル・マインド」といった平和実現のための学問領域をカリキュラムに盛り込んだほか、単に技術や知識を学ぶだけでなく、社会問題の解決法をフィールドワークで体得していく実践的授業も取り入れているそうです。 金野さんは、紛争や飢餓を体験したことがある人には、紛争・飢餓の撲滅を「一生を貫いてやり遂げる強い動機がある」と考えます。だからこそ、世界平和の実現には、紛争国出身の世界的リーダーを育成することが肝心だ、というのです。
「第2次世界大戦の終結から100年となる2045年8月15日までに世界から戦争をなくすこと」。
金野さんの最終的な目標だそうです。「囲む会」では、金野さんがこうしたビジョンを掲げるに至った高校時代などの体験についても聞いてみたいと思います。

→「ピース・テック」とは?(金野さんのブログから)
→エドテックグローバルHP
 
 

↑トップページ